読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ニャースのかきくけこ

ニャースはアニメ、ゲーム界のベンジャミン・フランクリン。

4月に転職をした

とっても久しぶりの日記。前回が12/26だったので約半年近く空いてしまった。

実は今年の1月から転職活動を(自分の中で)本格的に始めて、

無事内定をもらってこの4月から新天地で仕事をしていた。

生活の変化という意味では少しバタバタだったけど、

それで日記を書けなかったのではなく単に忘れていただけ。

でも最近、日記をつけることの重要性を再認識して改めて再開した次第。

 

転職を決めた理由は、色々あったけど、いちばん大きいのは給与だった。

もっと給与をあげたい!と思ったのがやっぱり原動力としては最大だったかも。

それでも仕事自体は他の誰もやってないようなことだったから楽しくて、

会社自体もベンチャーでかなり自由な気風があって好き勝手にさせてもらえたので

それはそれで楽しかったし、なにより人がみんな素敵だった。

良いところもたくさんあったんだけど、なかなか年収があがっていかないので

今回転職をすることにした。我慢が足りなかったかもしれない。

でも、これから先、このベンチャーが上場したりしてさらに大きな企業になっていっても、

黎明期にいたのに途中抜けしたことに関してきっと後悔はしないだろうな、と

不思議とそう思えたから転職に踏み切れた。

 

理由が給与のことだったので、会社の仲間たちには相談せず、上司にも誰にも

言わずに秘密裏に活動をした。面接のために会社を早退したりすることもあったけど

フレックスでもともと時間は不規則だったので全然怪しまれることはなかった。

 

転職活動は、マイナビ転職とリクナビネクストに登録してこの2つをメインにしてた。

その他にもちょこちょこっと別の転職サイトをチェックしたりはしてたけど、

上2つに掲載されていないのは見逃してもいいかくらいに考えていた。

転職エージェントというのも今回はじめて利用して、履歴書や職務経歴書

メールで送って電話なんかでアドバイスを受けたりした。

と言っても、脱字とか印刷レイアウトの指摘に終始して、肝心な中身について

ブラッシュアップするコメントをいただけなかったけど。

(なんのために事前にエージェントという仲介に見せたのか謎。)

まあ、中身のアドバイスはなかったけど、自分の職務経歴とか志望動機について

本番の面接の前に他者に話す訓練をできたという意味では大変有効だった。

 

1月末からWeb上で気になった会社20社程度にエントリーして、

その内5社と面接をすることになった。結局、もともと第1志望にしていたところから

内定をいただけたのは幸運だった。第1志望から内定が出た直後に、並行して

選考を進めていた他の企業には辞退の連絡をした。

内定が出たのが2/27で、その日に家族に報告。

翌日2/28に上司に電話報告(遠隔地にいたので致し方なく)し、退職願を会社に提出。

3/31退社、4/3新しい会社に入社というハードスケジュールだった。

(今年の4月は1,2日が土日だったので4/3が初出勤)

 

いまの会社は転職なのに、かなりしっかりした入社式をしてもらえて素直に嬉しかった。

まだ1ヶ月しか勤務してなくて、まだまだこれからだけど、頑張っていこうと思う。

大成功だった転職活動だった。