ニャースのかきくけこ

ニャースはアニメ、ゲーム界のベンジャミン・フランクリン。

読書メモ:「最強マフィアの仕事術」 マイケル・フランゼーゼ

 

最強マフィアの仕事術

最強マフィアの仕事術

 

マフィアの世界で若くして組織の上流への上り詰めたという著者だが、最後まで本書を読んだ感想は、正直拍子抜けした、だ。ジェノヴェーゼファミリーのカポ、マリオとの話し合いや、著者がマフィア時代に実父とノービィ・ウォルターズとの交渉(シットダウン)の描写は臨場感があって読み応えがあって面白った。しかしそういったのはごく一部で、本書の大部分は巷によくあるビジネス書や自己啓発書に書かれてあるのと何ら変わらない。具体的には、信頼できる仲間を見つけろ、ビジネスの成功には努力が必要、税金は必ず払え等々。
元マフィアの著者が、「企業犯罪は割に合わない」「違法行為は必ず誰かが見ている」と説くのは、もはやなんと表現すれば良いか分からない。丸くなって一般論を述べるのではなく、シットダウンでは沈黙を通すなどマキャベリ的思想にもっとフォーカスしてほしかった。

 

 *

 

以下、読書での私的メモ。

 

マフィアの組織
ドン、アンダーボス、コンシリエーレ、カポ、ソルジャー
 
 
資産もない普通の人が成功するには、いったいどうすればいいのか?
まずは、成功を約束してくれる秘密の方程式など存在しない、と自分に言い聞かせることだ。
「成功とお金を手に入れる10の秘訣」などという文句は、まやかし以外のなにものでもない。目を覚ませ。
 
 
マフィアで大成する者は、必ず夜明けとともに行動を起こす。(中略)
ハードに働かなくても成功できると思っているなら、引き出しいっぱいのシルクのパジャマを買えばいい。甘い考え方をしている人間にできるのはその程度の贅沢だ。
ビジネスで成功するための秘密の方程式は存在しない。ただし、成功者に共通することが一つある。それはハードワーク、つまり”努力”だ。
もちろん、努力すれば必ず成功できるとは限らない。努力も成功につながる一要素でしかない。しかし、努力なくして成功はありえない。
 
 
「二人は一人に勝る。共に苦労するだけ、得るものも大きい」 ソロモン
 
 
ビジネスは基本が肝心だ。計画を立て、計画に沿ってハードに働き、自分のすべき仕事に集中し、優秀な仲間をつくる。そうして土台を固めることが、成功への第一歩なのだ。
 
 
「勤勉な者はいずれ指示する立場になるが、怠惰な者は労働を強いられるだけで終わる」 ソロモン
 
 
何一つ譲らなければ何一つ得られないなら、何かをあきらめるほうがいい。戦術的撤退は”妥協”であり、”負け”よりはマシな結果が生まれる。
 
 
「話を聞かないうちに答えることは、無知の証しであり恥と知れ」
「たとえ無知でも、何も語らなければ賢者に見える。黙っていれば聡明な人だと思ってもらえる」 ソロモン
 
 
マフィアの世界で長く生き残っているメイドマンは、最小限の言葉で最大限の効果を得ることができる男たちだ。なぜ長生きできるのか? 口を閉ざすべきときを知っているからだ。
交渉の場では、まず相手にしゃべらせた方が有利になる。たとえ自分が会話の口火を切らねばならないとしても、手短かに要点だけを述べるにとどめるべきだ。相手の好きにしゃべらせておけば、いずれつけ込む隙が生まれる。私はそれを利用して数々の商談で勝ってきた。
 
 
立ち上げから二年以内にうまくいかなくなる企業は非常に多い。誰もが知っている大企業を興した人物であっても、必ず最初は失敗している。
マクドナルドの創設者レイ・クロックは、その前に不動産事業で失敗した。
ヘンリー・フォードは、今のフォードの前に自動車会社を二社倒産させた。
R・H・メーシーも、ニューヨークでメーシーズ・デパートをオープンさせる前に七店経営したが、いずれも失敗に終わった。
盛田昭夫井深大は炊飯器を開発したが、米が焦げてしまうこともあって100台しか売れなかった。その後、日本初のテープレコーダーを制作・販売してようやく、ソニーの土台が生まれた。
ヒューレット・パッカードのビル・ヒューレットとデイヴィッド・パッカードも、レタス収穫機や体重減少装置などを製作して失敗した。
あのウォルト・ディズニーですら、「アイデアが稚拙」という理由で新聞記者をクビになっている。
 
 
「惜しみなく与える者はなお多くを手にし、理不尽なほど与えない者はいずれ貧する」 ソロモン
 

読書メモ:『単純な脳、複雑な「私」』 池谷裕二

 

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)

単純な脳、複雑な「私」 (ブルーバックス)

  • 作者:池谷 裕二
  • 発売日: 2013/09/05
  • メディア: 新書
 

受講を希望した高校生の中から抽選で選ばれた男子9名が春休み中の3日間で特別授業として受けた講義録に加筆修正したのが本書。10代の学生相手だが、話は相当にディープな部分まで入り込んでいくので大人も存分に楽しめる内容だ。色々と衝撃的な事柄が登場するが、自分が特に印象に残ったのは、ピンクの斑点、逆さメガネの世界にもやがて順応してしまって僕らが知覚している正しい世界って何なのかという話、指令よりも先に行動している話の3つだ。特に一番最後は衝撃で、何度も繰り返し読んだが未だに信じられない。おったまげである。まだまだ未知なことも多い分野だが、同時に相当に解明が進んでいる分野でもある。あとがきに著者のアウトリーチ活動に関する思いの吐露もあり、色々な意見や考えもある中、このような企画が実現し書籍化されて自分が読めたことは本当に幸運だと有り難く思う。背表紙にある竹内薫さんの紹介文「脳に関する本はあまたあるが、これだけ勉強になり、かつ遊べる本も珍しい」に自分も激しく同意する。

 

 *

 

以下、読書での私的メモ。

 

つまり、外界にピンク色が存在しているかどうか、あるいは、ピンク色が光波として網膜に届いているかどうかは、あまり重要なことではなくて、脳の中のピンク色担当のニューロンが活動するかどうかが、「存在」のあり方、存在するかどうかを決めているということになります。
哲学では「存在とは何ぞや」と、大まじめに考えていますが、大脳生理学的に答えるのであれば、存在とは「存在を感知する脳回路が活動すること」と、手短に落とし込んでしまって良いと思います。つまり私は「事実」と「真実」は違うんだということが言いたいのです。
脳の活動こそが事実、つまり、感覚世界のすべてであって、実際の世界、つまり「真実」については、脳は知り得ない、いや、脳にとっては知る必要さえなくて、「真実なんてどうでもいい」となるわけです。
 
 
だからこそ、ゲシュタルト群化原理が備わった人間が生き残ってきたのでしょう。ヒトはこの意味で、ゲシュタルト群化原理がものすごく発達した動物なんだと思う。
 
 
さて、なぜこのように「半分しか見ていない」なんて不思議なことが起こるんでしょうか。
それは脳が左右対称じゃないからなんです。形はほぼ左右対称ですよ。でも機能が違う。
左脳には、ウェルニッケ野やブローカ野などといって「言語野」がある。だから、言語は主に左脳がつかさどる。一方、「イメージ」や「映像」は右脳がつかさどる傾向が強い。
 
 
逆さメガネにもやがて慣れてしまう
 
 
僕らにいま見えている世界の「正しさ」って、一体何なんだろう?何が正しいのか、何が間違っているのかなんて、結局、脳にはもともとそんな基準なんてないんだよね。
僕らがいまここで、重要な結論を手にしたことに気づいてほしい。僕らにとって「正しい」という感覚を生み出すのは、単に「どれだけその世界に長くいたか」というだけのことなんだ。
 
 
記憶というと、脳の中に保管された文書が、コンピュータのデータのように、そっくりそのまま保管されるように考えている人もいるかもしれないけど、実はそんなことはない。すごく曖昧で柔らかい方法で貯えられているんだ。しかも、このふたつの例のように、記憶が呼び出されるときに、その内容が書き換わってしまうこともある。
つまり、情報はきちんと保管され、正確に読み出されるというよりも、記憶は積極的に再構築されるものだってこと。とりわけ、思い出すときに再構築されてしまうことがポイントだ。思い出すという行為によって記憶の内容は組み換わって新しいものになる。それがまた保管されて、そして次に思い出すときにもまた再構築されていく。
 
 
さらに考えさせられる話がある。おそらく脳は、「自分よりも”体の方が真実をわかっている”という、その事実」をきちんと認識していて、だから、自分の感情や状況の判断に、「体」の反応を参考にしているようなんだ。
 
 
それから、さっき、痛みを感じない患者さんの話をしたけど、そういう人は自分の痛みだけでなくて、他人の痛みもうまく理解できないこともわかっている。
だから「共感」もまた痛みの転用の結果だと言えるね。相手を思いやる温かい気持ちも「痛覚」から生まれるなんて、なんだかホントおもしろいよね。そうやって、僕らの「心」の働きは、動物たちが長い進化の過程でつくり上げてきた脳回路を巧妙に使い回して、その合わせ技の上に成立している。
 
 
実際、脳内回路を見ても、<におい>だけは特殊な回路になっている。情報の経路が違う。見たもの、聞いたもの、食べたもの、皮膚で感じたものは、同じ経路を通って大脳皮質に届く。脳の「視床」という場所を通る。視床は、大脳皮質に情報を受け渡す最終ゲートだ。
たとえば、睡眠中はこのゲートがほぼ閉じていて、感覚情報が大脳皮質に届かないようなしくみになっている。だから、僕らが眠りが妨げられなくてすむ。
でも、<におい>は例外で、視床を経由せず、そのまま大脳皮質に届けられる。だから、寝てる間も嗅覚は働いている。見たり聞いたりすることに関しては、寝ているときは感覚が低下するんだけど、<におい>は脳にきちんと届いているんだ。
 
 
自由を感じたるためには、少なくともこの3つの条件を満たしている必要がある。このうちひとつでも欠けたら、もはや「自由さ」を感じない。
①自分の意図が行動結果と一致する
②意図が行動よりも先にある
③自分の意図のほかに原因となるものが見当たらない
 
 
そしてもうひとつ、この実験からわかることがある。「自由は、行動よりも前に存在するのではなくて、行動の結果もたらされるもの」ってことだ。これは大切なポイントだ。
普通の感覚だと、自由意志って、「行動する内容を自由に決められる」という感じで、あくまでも「行動の前に感じるもの」だと思いがちだけど、本当は逆で、自分の取った行動を見て、その行動が思い通りだったら、遡って自由意志を感じるんだね。結果が伴わない限り自由はない。
つまり、自由の発生順が逆なんだ。自由っていうと君らは「未来」に向かって開かれているような気がするでしょ?でも実際には、自由は「過去」に向かって感じるものだ。
 
 
回路の内部には自発活動があって、回路状態がふらふらとゆらいでいる。そして「入力」刺激を受けた回路は、その瞬間の「ゆらぎ」を取り込みつつ、「出力」している。つまり、
入力+ゆらぎ=出力
という計算を行うのが脳なんだ。となると「いつ入力が来るか」が、ものすごく大切だとも言えるよね。だって、その瞬間のゆらぎによって応答が決まってしまうんだから。結局、脳の出力はタイミングの問題になってくる。
 
 
普通のモデル、これを「順モデル」と言うんだけど、その場合は、筋肉をこう動かせば手がこう伸びる、つまり、原因があってそれに結果がついてくるモデルだ。「原因」の後に「結果」が来るでしょ。これは正しい順番だね。だから「順モデル」という。
一方、「逆モデル」の場合、結果をまず想定して、そこから逆算して筋肉をこう動かさなければいけないとする。「つかむ」という目的が先にあって、その後に「原因」をつくるから、因果の順番が反対になっているよね。だから「逆モデル」という。
(中略)
外部世界がすでに脳の中に経験として保存されていて、経験という「世界のコピー」を元に目標から計画を逆算している。それを世間では「予測」という。そういう予測を知らず知らずのうちに、経験に基づいて行なっている。
僕らの行動の大半は、過去の「学習」によって習得した「記憶」に基づいている。記憶を使ってつねに未来を読んでいる。
脳はいつも、未来を感じようと懸命に努力している。その結果として、「動いた」と感じてから、実際に「動く」というような奇妙な現象が生じているのだろうと思うんだ。
 
 
ノイズは邪魔者ではなくて、さまざまな場面で役に立つんだ。3つの役割とは、
①効率よく正解に近づく(最適解への接近)
②弱いシグナルを増幅する(確率共振)
創発のためのエネルギー源
 
 
「意図」とか「意志」とか、あるいは「生命っぽさ」というのは、本当にあらかじめそこに存在しているというよりは、意外と簡素なルール、数少ないルールの連鎖で創発されているだけであって、その最終結果を、僕らが単に崇高さを感じてしまっているだけだ、という気がしてこない?
 
 
だから、生命らしい特徴が垣間見えるときは、システムの素子が相応しい構造を持った回路でつながっているというのが前提にある。構造さえしっかりしていれば、後は簡単なルールを繰り返せば、自然と生命現象が創発される。
そして、このとき、駆動力となるのがノイズ。原子や分子などが生み出すノイズは、いわば無料のエネルギー源だよね。しかも無尽蔵。これを有効なエネルギーに変えるものこそが、効率のよい回路構造だ。だからこそ構造が機能を生み出すことができる。このことをぜひ忘れないでほしい。
あとついでに、もう一言いってしまうと、生命の柔らかさは、「構造」から「機能」が生まれるだけに留まらず、逆に「機能する」ことによって、「構造を書き換える」ことにもある。つまり、構造→機能だけでなく、機能→構造でもある。機能と構造の相互作用を通じて生物は環境に適応していく。
 
 
僕らヒトは、おそらく地球上で「有限」というものを理解している唯一の動物だと思う。
 
 
リカージョンをする集合体は必ず矛盾をはらんでしまう。どこかで論理破綻が生じる。そういう「矛盾からは絶対に逃れられない」っていう運命が、数学的に証明されてしまった。
 

読書メモ:「ハウスメーカーと官僚がダメにした日本の住宅」 澤田升男

 

フリマサイトで安かったので購入。想像していた以上に面白かった。数百社の工務店と交流し、輸入資材の獲得のために海外も自らの足で駆け回った著者が、現在の日本の住宅業界の問題について真っ正直に論説する。過去に建設会社を経営し、施行の現場も肌感覚でわかっている著者の言葉には説得感がある。日本の住宅は欧米に比べて極端に寿命が短く、10年ほどで補修することが前提になっているのは世界基準で見ても稀有でおかしいことだというのは衝撃だった。木造の住宅を購入検討される方は是非目を通しておくと良いだろう。生体エネルギーの話は眉唾もので、一笑に付すのは簡単だが、ある部分では真実なのかもしれない。江本勝の「水は答えを知っている」という本を思い出した。いずれにしろ、この章だけはスピリチュアル感がすごくて違うの本かのように浮いているのは確かだ。

 

 *

 

以下、読書での私的メモ。

 

本当に魅力的な家屋、ログハウスの主な特徴
防音性、調湿性、吸音性、防火性、防虫性
 
 
防虫性
ログハウスの建材としてよく使うもののなかに、レッドシーダーという赤松の一種があります。この材料はゴキブリ、ダニ等家に発生する害虫が、寄り付きにくい性質を持っています。またこの木は、カナダではカヌーの材料にも使われているほど水に強く防水性に優れているため、屋根や浴室の壁に使用されています。
 
 
特に発泡材を使用した外断熱とセルローズファイバーを使用した内断熱を合わせたダブル断熱工法は、国内唯一の国土交通省の防火認定をはじめ、各種の試験の認定を受けています。
 
 
それからの2年間は、沖縄から北海道までの数百社の工務店などを訪問し、さまざまな工法を見て多くを学ばせてもらいました。なかでも住宅産業は、地場産業でなければいけないことに気付きました。地元の工務店に家を建ててもらえば、世代が変わってもメンテナンスをお願いすることができます。また頼まれた工務店側も、地元の人の家を建てることで、手抜きなんてできるはずありません。手を抜いた途端、評判が地に落ちてしまうのは明確ですから。そして何より、地元に根ざした経営を続けている工務店は、親身になってユーザーの家のことを考えてくれます。一番求められている、人と人との付き合いの上に成り立つ経営。そんな温かい経営ができる地場産業工務店の魅力を、改めて学びました。
 
 
現在の日本の住宅は、寿命が26年と言われています。これがヨーロッパでは140年、アメリカにおいては88年だという統計が出されているのです。なぜ、日本の住宅の寿命がこれほどまでに短いのでしょうか。
日本の住宅の大半は、木で建てられています。これは、木造住宅自体の寿命が短いということなのでしょうか。先にもお話しましたが、日本古来の伝統工法である木で建てられた建物は、正倉院をはじめとして、実は千年以上も耐えられる構造だということは、みなさんもご存知でしょう。(中略)
住宅が30年持たないのは、日本の高温多湿の気候を無視した間取り、工法、材質を用いたことが原因です。日本の伝統的な間取りと言えば、田の字作りと呼ばれる建具だけで部屋を間仕切りする、通風性の良いものです。しかし、欧米文化の影響で、家の中でもプライベートを重視するようになりました。だから密閉した壁で間仕切りし、通風が悪くなった結果住宅寿命を縮める原因である湿気を、家の中に閉じ込めてしまったのでした。
 
 
効果の低い断熱材を使用し、内部に空気が通らないビニールクロスで仕上げられた壁は、通気性も悪く断熱効果がほとんどありません。日本の住宅寿命を短くした第一の原因は、こうした外壁の構造なのです。
 
 
日本では高額な住宅であれ、ローコスト住宅であれ、価格とは関係なしに、メンテナンス費用が莫大にかかるのが現状です。現在、日本で建てられている住宅の多くは、わずか10年前後で、メンテナンスが必要となります。リフォーム業界が「10兆円産業」と言われる要因が、ここにあると言っても過言ではありません。海外にはリフォーム業界は存在しません。官僚と大企業の癒着が、こういった海外では考えられないような産業を発展させてしまっているのです。私から言わせれば、わずか10年でメンテナンスが必要とされる住宅は欠陥品です。
 
 
しかし、この法律が施行されたにもかかわらず、アトピー性皮膚炎や、シックハウス症候群は増加傾向にあるというのが現実です。これは、この法律が形式的なものだからです。アトピー性皮膚炎、シックハウス症候群の原因となる揮発性化学物質(VOC)の、一部しか制限されていないからです。体に害のあるVOCは、13種類あると言われていますが、この法律では、発癌の恐れのあるアセトアルデヒドホルムアルデヒドの2つにしか制限がないのです。そのほかのVOCには、一切の制限がありません。
 
 
日本の住宅では現在、サイディングを使用して外壁を仕上げる工法が90%以上です。しかし私は、この工法をあまりお勧めしません。先にもお話したように、サイディングは、断熱効果が低いため、温度を伝えやすくランニングコストが非常にかかります。またその性質から、建物にもっとも悪影響を及ぼす壁内結露を起こし、住宅寿命を縮める原因を作ってしまいます。さらには水分を含みやすいので、メンテナンスを頻繁に行わなければいけません。サイディングの板と板の間を埋めるコーキング部分も5〜6年で劣化し、そこから雨が入ってきてしまう可能性もあります。
そしてサイディング自体が重いという欠点もあります。重さがあるにもかかわらず、建物本体に固定せず、15〜18mmほどの薄い木片に固定されるだけなのです。これでは、地震などの災害でなくとも、落下の恐れがあります。
しかしそういった問題のある建材の使用が、200年住宅と呼ばれる長期優良住宅でも認められているのです。
 
 
粗悪なセルローズファイバーに注意
答えは簡単です。そのセルローズファイバーの、ホウ素系の薬剤の含有率が22%であれば良質材です。この数字は、セルローズファイバーの利点を引き出すのに理想的な数字で、現存する中では最高の含有率なのです。しかし、中にはホウ素の含有量が5〜8%という商品も存在します。防虫や防火といった効果は、セルローズファイバー自体にはありません。あくまでもホウ素にあるので、あまりにも含有量が少なければ、効果も期待できません。しかしホウ素は高額であり、また22%のホウ素を新聞紙に含有させるには、特殊な技術が必要となります。さらに、乾いた状態に製造することは困難です。