ニャースのかきくけこ

ニャースはアニメ、ゲーム界のベンジャミン・フランクリン。

9/25 19:01 愛知から「きぼう」をみた

今日9/25(金)は、国際宇宙ステーション(ISS)がちょうど日本上空を通過するので、

全国的に肉眼でこれを観察できる日だった。

きぼうはISSの一角を占める日本の実験などをする施設。

SmartNewsに記事としてあがってたので昨日知った。

 

ちょうど19時前に帰宅したので自宅の2Fベランダから見た。

少し前の18:55からベランダにスタンバイして空を眺めてた。

幸い?、周りに高い建物ものなく灯りも少ないので夜空の観察はしやすい。

 

はじめて見る「きぼう」を無事に見つけることができるか、ワクワクしながら

夜空を見ていた。

こんなに空を見たのはいつぶりだろう、って、いかに普段空を見てないのかと思った。

とくに夜空なんて意識して見上るのすごい久しぶりだ。

 

「あ!あれかな」とか何度か思ったけど、どれも飛行機だった。

それと、星がすごい多くて驚いた。でもあまり多すぎるときぼうを見つけにくくて、

星がノイズと思えるほど愛知の夜空は星が多かった。

 

そうこうして数分、もう見つけれないのかなと思ったら、後からやってきた嫁が

「あれじゃない?」と見つけれてくれた。時刻は19:01。

白い丸が時折筋状になりながらスイーっと流れていった。あっという間に消えた。

 

f:id:yuinomi:20170925235204j:plain

 

非常に見にくいけどiphoneで撮影した写真を1枚。

JAXAのWebから引用のISS写真を。

http://www.jaxa.jp/projects/iss_human/kibo/index_j.html

f:id:yuinomi:20170925235429p:plain

大きさは108.5 x 72.8m。ほぼサッカー場の大きさとのこと。

これが地上400kmに建設され、ぐるぐる廻っているとは・・・。

しかも、そこに数ヶ月とか長期滞在する人間がいて活動していることにも驚く。

 

「いやーすごいなー」と感嘆するばかり。

開発と製造に7,600億円。日本がプロジェクトに参加を決めてから24年経って

完成したきぼう。若田光一さんが宇宙空間でロボットアームを1cm/秒で操作して

きぼうをドッキングした”アレ”がほんとに宇宙にあって、それを地上で自分が

肉眼でみれたことにただただ感動。

 

・・・人間って、すごいですね。

H29年度 公害防止管理者 水質1種の受験票が届いた

平成29年度 公害防止管理者水質1種の受験票が届いた!

 

去年に引き続き2度目の受験。去年は全5科目中、4科目合格。

水質有害物質特論のみ6/15問(=正答率40%)という

まったく惜しくもない成績で落とした。

この科目捨ててたわけじゃなくて、一応万遍なく勉強した結果がこれだった。

 

ということで今回、受験するのは水質有害物質特論1科目のみ!

 

試験日は10/1(日)、名古屋大学 東山キャンパスにて。

去年は大阪市にいたから吹田での受験だったけど、

まさか翌年に愛知とはその時は思いもよらなかったな。

 

先々週、QC検定2級の試験が無事に終わって、それまではQCの勉強しか

していなかったので公害防止管理者の方は明日から始める。

テキストは去年使った過去問。

2016-2017年版 公害防止管理者試験 水質関係 攻略問題

2016-2017年版 公害防止管理者試験 水質関係 攻略問題

 

この一冊のみで挑んで玉砕した反映を踏まえ、

こっちのテキストもアマゾンで今日購入した。 

「水質有害物質特論」に特化した180問の過去問集。

買ってから気付いたけど、これ参考書じゃなかったのね。

過去問2冊で挑むのかー。まあ、本編の過去問自体は当然ながらどちらも

同じで、解説を読んで応用力を付けていく感じかな。

 

公害防止管理者は公式が出している参考書と「正解とヒント」シリーズが

いちばん良いとは思うけど、高価&分厚くてやる気が出ない。

なので、これらが最良の本かは分からないけど、とにかく少しでも

勉強を進めれて知識を習得できるのがいちばんと考えて、この2冊で頑張ります。

 

・・・明日から実働2週間。どこまで仕上げれるか。

   今夜は趣味の読書をしてまったり過ごそう。

 

第24回 QC検定2級を受検してきた

2017年9月3日。

第24回 品質管理検定2級(QC検定)を受検したのでその感想などを。

 

結果を先に書くと、

直後のWebで公表された基準解答での自己採点結果は全97問中、91問正解。

正答率93.8%なのでまず安全圏だろう。

勉強を頑張った成果というよりむしろ、第24回の試験がカンタン過ぎた、

この一言に尽きる。

 

 

今回の試験は会社の費用で申し込んだ。受験地は愛知。

資格試験は結構たくさん受けてるけど、自費以外で受けたのは今回が初めてだった。

前の会社はベンチャーでまず社内にそんな制度なかったし・・・。

 

品質管理の部署ではないけど、ものづくりに携わる一技術者として広範な知識を

学べると思ったので軽いノリで申し込んでいた。

会社の中で団体受検の取り纏めをする方から、

「当日は必ず受検できるよう体調管理をしてください」という案内とともに

「近年、2級の難易度が上がり容易ではないので今すぐに勉強に取り組んでください」

とメールがあった。(6月のはなし)

 

以下に傾向を示すように確かに2級の合格率は低い。

QC検定の試験が始まった当初は合格率が高かったが右肩下がりで落ちていき、

直近の第23回などはたったの21%しかない。

科目合格もないこんな検定ごときで異様だなと思ってた。

f:id:yuinomi:20170909114711p:plain

 

ただ、難しいからすぐに勉強を開始せよ、と急かされても

特に行動を開始する気が起きず、時間が過ぎて行った。

7月も終わりに差し掛かった時にそろそろ勉強しようかと思い立って、

アマゾンでテキストと過去問を購入。レビューの良かったこの2冊。 

1回で合格!QC検定2級テキスト&問題集

1回で合格!QC検定2級テキスト&問題集

 
過去問題で学ぶQC検定2級 2017年版

過去問題で学ぶQC検定2級 2017年版

 

 

夏季休暇は帰省していたのでまったく勉強せず(そもそもテキストを置いて行った)、

愛知に戻ってきた8/19から本格的に勉強を開始。実働2週間だったけど、

試験自体がカンタンになってくれたおかげもあって無事合格できてそう。

 

勉強方法は、まずは過去問は放置して、テキストを読んだ。

1章から順に勉強していくのではなく、順不同で気になったところからやっていった。

まとまった時間のある時は実験計画法とか相関分析・回帰分析など計算作業をともなう章を、

細切れの時間しかない時はテキスト後半の暗記系をメインに。

一度で理解できなくて良いので、一度の勉強では浅くさらっとでも、

”繰り返し”触れることを重視した。

このあたりは山口真由さんの7回読み勉強法に大きな影響を受けてる。

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)

東大首席が教える超速「7回読み」勉強法 (PHP文庫)

 

実際には6章から10章までの暗記する分野は5回読み程度だったけど。

 

基本的には、試験日の2週間前に勉強を開始するという短期集中型だったので

前に勉強した内容が薄れることなく一気呵成にテキストに取り組めた。

ひとつだけ気にした点は、3章の検定・推定の勉強をいちばん最後に回したこと。

ざっとテキストを見た時にいちばん難解そうだったので。ただ、QC2級ではこれが

メイン?的な扱いで、各章に占めるページ比率も最も高いのでこれをスルーしておく

ことに違和感もあったけど、ここは試験直前にだけすると決めて、それ以外を

優先的に勉強した。

試験直前の木・金で3章を初めて勉強。前日の土曜は1日家に引きこもって過去問。

日曜も朝早く起きて過去問の続き、そして10:30から試験本番という流れだった。

 

過去問は第17〜22回まで掲載されている内の後半3回分だけをやって、それ以外は

見てすらいない。理由は二つあって、ひとつは過去問をする日が1日しかなくて

時間がない為に最新から取り組んだこと。もうひとつは第20回から出題範囲が

変わったとのことなので、それ以前とは試験が少し異なるから。

まあ後者はかなり後付けで、ただ単に時間がなかったのが大きい。

できるなら過去問はすべてやっておく方が良い。普通に考えて。

 

前日の土曜は27時まで勉強してそのままベッドへ直行、即座に寝落ち。

で、当日は6時にスマホのアラームで起きた。睡眠3時間だったのでとても眠かった。

試験は10:30からだったので家を出る直前まで過去問をやってた。

家を出て試験会場へ向かう間もひたすらテキストを読み込み。

会場について着席してからも読み込み。この直前の瞬間がいちばん集中できる。

試験監督員が諸注意とかを説明してる間も、内容はどんな試験でもだいたい同じなので

聞き流しつつほんとの直前までテキストで最終チェック。

この短期記憶にかける!みたいな。

 

そうこうして臨んだ試験は、拍子抜けするほどカンタンだった。

決して自分が勉強を頑張ったという理由だけではない、多分にラッキー。

90分の試験で97問。問題用紙は持ち帰り可能なので、まずは解答用紙は放置で

この問題用紙に解答を書き込みながら進めて行った。

残り20分で一斉にマーク。97個塗りつぶす作業は割としんどかった。

5分ほど余ったので怪しい解答を読み返したりして時間終了。

 

QC検定2級の試験問題は、後半にいけばいくほどカンタンというか、

QC関係のない精神論的な話になってくる。今回も最終章は○×問題で

松下幸之助とか近江商人の三方よしがどうとかあって、和まされた。

これいるんか?と思いながら解答した。

 

翌週火曜に日本規格協会のWebで発表された基準解答速報で答え合わせ。

その結果が最初に書いた97問中91問正答という結果。一安心。

その後2ch見たら、やっぱり「試験カンタンだった」という意見が多かった。

なので今回の合格率はすごく高くなると思う。それまで右肩下がりだったのが

嘘のようにピコンと高くなって、その次はまた締め付けが厳しくなるのか・・・?

今回だけたまたまラッキーだったのか、これ以降も難易度見直しがあるのかは

わからないけど、とにかく無事試験を終えれて良かった!

 

 

さて、次はもっと大事な公害防止管理者水質1種!

こっちは年1回の試験なので頑張ろう。と言いつつ、もう1ヶ月を切ってるのに

まだ何もしていないけど・・・笑